生活保護を受けるためには生活保護申請を出すことが重要

生活保護申請をする時のスマホとパソコンの所有について

杖を持つ

生活保護申請をする時に、スマホやパソコンは手放さないといけないのではないかと心配している人もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は生活保護申請をして生活保護を受給するようになっても、パソコンやスマホを所有することは出来ます。
まずスマホですが携帯電話を持っていないと就職活動に支障が出たり、就職できても仕事がもらえなかったりする場合があるため、スマホの所有は認められています。
また福祉事務所との連絡手段としても携帯電話が無いと困るので、そのような理由でも所有が認められています。
機種変更をしたり、今現在スマホを持っていない方が新しいスマホの購入をする事も出来ます。
ただしそのための購入費用や通信費は新たに支給されたりはしないので、あくまでも生活保護費の中からやり繰りして出す事になります。
スマホは贅沢品なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、現代では憲法25条の「文化的な最低限度の生活」で、スマホは必要最低限の物と解釈されています。
また生活保護申請をして生活保護費を受給するようになっても、パソコンを所有し続ける事も出来ます。
新たにパソコンを購入する事もできますが、スマホと同じく購入費用は支給されないので、生活保護費の中からコツコツ貯金して購入する事になります。

recommended contents

TOP